上司への言い訳

会社を辞めるために上司に言った上手い言い訳について紹介

私の年齢は41歳の男性です。性格は仕事に対しては、かなり真面目だと思います。9歳の娘と40歳の妻と犬とフェレットと徳島県の一軒家で生活をしています。

 

趣味はゲーム、スロット、沖縄三味線です。嫌いな上司、先輩に酒をつぐのが絶対に嫌なので、今はフリーランスとして自宅でIT関連の仕事を行っています。

 

そんな私がした言い訳は、某大手派遣会社の事務の部長に円満に退職するための言い訳でした。

 

上手い言い訳を私と妻の二人で考えました。私がいた会社は、軍隊のような会社でした。私は事務職で、かなり責任のある立場にいました。私は辞めるに辞めれない状態でした。

会社を辞めるために言った上手い言い訳

私がまず考えた言い訳は、上記で記述した本当のことを話す。と考えたのですが、それを話すと、仕事の後に飲みに誘われて、辞めないように説得されて終わりだと思いました。ですので、これは却下しました。

 

次に考えたのが家庭の事情で、家業を継がなければならないと考えました。東京、大阪等の大都会だと通用すると思ったのですが、何分、徳島県の田舎なので、ばれたらめんどくさいと感じたので却下しました。

 

実際、辞める理由を話した時にちゃんと答えられるように、かなりの準備をしていこうと思いました。

 

私のいた会社は昭和時代のパワハラ、軍隊のような会社のため、色々つっこまれるのは確実だと思ってました。

 

そこで、妻とも相談して妻の父親が体を壊して介護が必要という言い訳をして、妻と交代で介護をするということを考えました。

 

これは、さすがに大丈夫だと思いました。この言い訳の下調べとして、まずは、徳島県のデイサービスの営業時間、年末年始、ゴールデンウィーク、お盆の休みも全て調べました。

 

次に、妻の父親の病状は、痴呆が入り、車いす生活で、絶えず誰かが傍にいなければいけない状態ということにしました。

 

私の妻は、老人ホームに入れるくらいなら離婚するとまで言われたということにしました。生活費のことは、妻の母親が開業医の医者ということにして、お金には全く困らない状態ということも考えました。

 

妻がパートをしていたので、私も時間のとれるパートで仕事をする予定だと考えました。

上手い言い訳をした結果会社を退職できた

まずは、朝の朝礼が終わって、部長の時間が空いてそうな時を狙って、『部長、少し大事なご相談があるのですが、お時間の方少し頂けないでしょうか?』とお伝えしました。

 

すると、部長はなにか感ずいたのか、逃げるように営業先に行ってくる、などと言い出したので、意地でも止めて、止めた理由は『労働災害の件で急ぎなので、時間がないのです』と言いました。

 

ウソですが、そうしてやっと部長と二人で話をする時間をとることが出来ました。私は『実は、労働災害の件ではなく、会社を辞める相談なのです』とお伝えしました。

 

すると部長は、え!!っとびっくりしたふりをしてました。私の労働災害のウソはどうでもいいの?みたいに感じましたが辞めたら他人なので、どうでもいいです。

 

ここからが、妻と練りに練った計画の進行です。まず最初に、私が『実は妻の父親が痴呆で車いすで介護が必要になりました』とお伝えすると、部長は案の定、妻に介護をさせればいいじゃないか?などと言ってきました。

 

まあ想定の範囲内です。そこで、私は『妻が交代で介護をしないのであれば、離婚すると本気で言われました。妻の母親にも言われました。』と伝えました。

 

すると、部長は、ん~と考えて、デイサービス、老人ホームは?と案の定言ってきたので、私は『デイサービスは時間が17時までなので、送迎の際に私か妻が家にいなくてはなりません。

 

老人ホームに関しては、妻のほうが、絶対に入れないと言っています。』とお伝えしました。

 

部長は、しつこいのなんので、『今後の生活費はどうするんだ?』と言ってきたので、私は『実は妻の母親が開業医なので、お金は大丈夫です』とお答えました。

 

最終的にはさすがに納得して、残念だなあ~なんて、きれいごとを言っていましたが、無事に退職することが出来ました。

会社を辞める時のアドバイス

辞めずらい会社を退職する為のアドバイスとしましては、一番は退職代行にお願いする。

 

ですが円満な退職は出来ません。円満な退職をするには、やはり練りに練った言い訳と、つっこまれそうな事に対して、かなり下調べをして準備しておくことがとても重要です。

 

後、一番のアドバイスとしては、退職することを伝えるのは、凄く勇気のいることだと思います。

 

なので、自分に『この会社を辞めたら、部長だろうが、社長だろうが全くの他人!』と何回も何回も言い聞かせましょう。

 

そして、綿密に練った計画と、自分に何回も辞めたら他人と呪文のように繰り返し勇気づけることが、辞めずらい会社を円満辞めることが出来る秘訣だと思います。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です