お客さんへの言い訳

水商売をしていた時にした言い訳が上手くいき太客ゲット!

私は年齢は39歳の女性で東京都品川区で生まれ育ちました。20代の頃は水商売一本で働いていました。今は結婚して子供を授かり一般的には平穏な生活を送っています

趣味は美容と掃除です。美容に関する事は本を読んだりネットで見たりハマってしまうととことん調べてしまう性格なので割と詳しいです。掃除に関しては断捨離が大好きです

そんな私がした言い訳は水商売をしていた時にお客様についたものです。

水商売をしていると絶対に避けて通れないものがあります。それはお客様からの体を求められることや外で会おうと言われること、付き合って欲しいなど現実的な話をされることです。

あまりお金を使ってくれないお客様には別に嫌われても痛く無いので適当にあしらいますが毎月大きなお金を使ってれるお客様にはそうはいかず理由を考えたりはぐらかしたりする事はとても至難の技となります。

お客から同伴の誘いがあって上手い言い訳をした

ある日そんなお客様の中でも毎月かなりのお金を落としてくれるお客様から同伴の誘いがあって、一緒に旅行に行って欲しいと言われました。

そのお客様はお金持ちで色々なお店に飲みに行ってる人だったのでそのお客様と旅行に行く女の子は別に珍しくもありませんでした。

その人からしたら当たり前のことをなので、別にお願いをしてくると言うようなニュアンスなどではなくごくごく普通に私に聞いてきました。

どうしようと頭の中をフルに回転させて考えました。お客様として切れてしまったら大変なので考えた結果、自分の親の話をしようと思い付きました。

「私の母親は女手一つで私を育ててくれました。その母親とお客様の年齢がとても近いのでお客様と旅行に行くのは母親を裏切っている感覚になってしまう」と伝えました。

上手な言い訳のおかげで売り上げアップ

上記の話をお客様にしたら、私の想像を遥かに超えた反応をしてくださいました。しかもその反応はとても良い反応で。

私は10代の時に母親にとても迷惑を掛けたのだとその話に付け加えたのですがそれも良かったのか分かりませんが、お客様が、とても私の気持ちが分かったと、親思いの女の子と出会えて幸せだと言ってくださったのです。

今までの他のお店の女の子たちは自分の売り上げのことだけを考えていた。だから旅行に誘おうがホテルに誘おうが売り上げのためならいろいろな要求に応えてくれた。それがどこかで虚しく感じていた。と話してくれました。

なので私のように本当の気持ちを話してくれた子がいなかったから凄く嬉しいとありがとうと言われたのです。

正直私も売上のことだけを考えた言い訳だったのですが…笑

まさかの効果があって正直驚きました。結局お客様との勿論旅行の話はなくなりその後もずっとお店に来てくれました。

その中で時々他のお店の女の子と旅行に行った話を聞くこともあり、お客様が話してくれたのは旅行に行ったら飽きてしまいそこから一切連絡を取ってないということでした。

私は心の中でもし私もあの時言い訳を考えないで売り上げのことだけを考えていたらこうなんていたのかな?なんて思うとヒヤッとしました(笑)

その後にその女の子からの連絡も無視していると言っていてその女の子からしたらあり得ない出来事だったなぁと同情してしまいました。

上手い言い訳についてのアドバイス

言い訳も吉と出ることも凶と出ることもあると思います。言い訳の内容は相手の心にどう響くか、想像とは別の形になる事もあると思うので一種の賭けだとは思います。

でも相手の性格やものの考え方をある程度分かっている間柄なら効果的な言い訳を用意するのはそこまで難しいことでは無いのかと思います。

逆に言い訳をしないことで相手を不快にさせてしまったり傷付けてしまうこともあると私は思うのでしっかりと考えた上での言い訳はしても良いのでは無いでしょうか。

あからさまな嘘のような言い訳は別ですが、嘘と分かっていても誠意のようなものが伝わったりそんなつもりでは無かったと言う方が伝わるのならば許してくれる人もおおくいるようなきもします

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です