親への言い訳

お金を借りるために家族にした上手い言い訳を紹介!

現在37歳になる男です。地方に住む独身、1人暮らしでペットにフェレットを飼っています。

 

実家は山間部のいわゆる集落地で田舎です。今回はペットであるフェレットを飼うためのお金の工面について、フェレットを飼う当初、意外と値が張ったもんで、お金を借りるために、なるべくしがらみのない、家族に借金することにしました。

 

家族は母親と姉がいます。母親は優しいですが年金暮らし、姉は亡くなった父親に似ていてキツイ性格で、普段は苦手としています。そんな私のやり取りを書こうと思います。

お金を借りるためにした上手い言い訳

前からペットを飼いたいと思っていました。私の目当ては「フェレット」でした。ペットショップでとりあえず価格を見に行くと、最低価格の子でも「5万円」でした。

 

フェレットとしては相場の価格なのでしょうが、私はそこまで調べてはいなかったので、びっくりしました。何とか親に工面してもらえないかと考えました。

 

私「もしもし」

 

母親「○○かい?どうしたの?」

 

私「実はお金が今月厳しくてさ、いくらか出せる?」

 

母親「え~、母さんもそんなにないよ、お姉ちゃんならあるかもしれないけど、自分で聞いてみたら」

 

私「・・・うん」

 

姉がキツイ性格なので、「フェレットが欲しいからお金ちょ~だい!」なんて言ったらキレられてしまいます。恐る恐る姉の携帯に電話しました。

 

私「もしもし」

 

姉「○○?どしたん?」

 

私「ちょっとしんどいことになってさ」

 

姉「何関係?さっさと言え」

 

私「・・・何ってほどじゃないけど、金がきびしくて」

 

姉「金ならねーぞ」

 

私「でもまあ、そんなに大金でもないよ」

 

姉「そういう問題じゃない」

 

私「・・・実はキップ切られて罰金はらわなくちゃいけないんだ」

 

姉「え~、ついてないね。で、いくら?」

 

私「高速道路でスピード違反、40キロオーバーだから4万円の罰金。3点減点だけど、免停はなんとか・・・」

 

姉「・・・ねえの、手持ちの金?」

 

私「4万突然はちょっと・・・」

 

姉はすこし考え込みましたが、「じゃあ、分割でもいいから絶対に返せよ。」と言ってくれました。

 

という感じで、なんとか4万借りられたので、4万5000円のフェレットを買いました。

上手い言い訳をした結果

その後、1万づつ返してしきました。お金は返せたのですが、たまに母や姉が私のアパートに遊びにくるときがあり、「このカワイイの、どうしたの?」と聞かれました。

 

ドキッとしながらも「フェレットっていうんだよ、だいぶ前から飼ってた」とうそぶいて、なんとかかわしています。

 

まあ、家族なので微妙に姉にはバレかかっているかもしれないですが、そこは家族の空気というか、まあ、お金は返しましたからね。

 

うまい言い訳というよりは、交通違反の罰金額を調べて、それになるべく合う違反を言って、時間がない的な雰囲気を出しながら「なんとか・・・」と頼み込んだ感じですね。

 

その後も、「キップ切られて・・・」と何度かやろうともしましたが、さすがに「お前もう免停になってるだろう、っていうか逮捕されてっぞ、そんな何回もキップ切られてるってことは」と逆に調べられていそうなので、今は何事もなかったように過ごしています。

 

やはり警察「国家権力」からの催促が、ということを言えば、家族であればしぶしぶでも貸してくれるものですね。ちょっとオレオレ詐欺的で罪悪感も満載ですが。

 

言い訳をしてうまくいったかどうかというと、姉は本当に困っていると、怪しくてもちゃんとお金を貸してくれるんだなぁと絆みたいなものを再確認できましたので、その点ではむしろよかったのかなと思います。

 

言い訳をうまくしてのりきったら、いや姉なら乗り切ったように見せて、実は気づいていたのかもしれません。姉のおかげでうまくいい訳を「させてもらった」という感じです。

上手い言い訳をするためのアドバイス

いい訳をするのであれば、きちんとその情報を調べておくべきだと思います。「どうして?」と聞かれたときにも、調べて「こういう状況だから」と自然に切り返せればいいんです。

 

どういう前後関係かを自分の中でストーリーとして作って、そして今自分はこういう状態にあるんだと、ある意味「洗脳」してしまうんです。

 

そうすれば、必要な、私の場合であればお金でしたが、必要なものを頼んで、あくまで嘘ではなく、一時的な方便として自分の罪悪感を取り除いて行なえば、少しは気軽にいい訳できると思います。

 

ただ、言い訳というのは何度も使えないと思います。もし言い訳をするのであれば、これと思う時だけ使うようにしましょう。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です