先生への言い訳

学生時代に先生に怒られないためにした上手い言い訳を紹介!

私は神奈川県在住の27歳女性で、2歳の子どもを育てる専業主婦です。

 

毎日子どもと公園に行き、ブランコやお砂場、ジャングルジムなど一緒になって遊んでいるので、日焼け止めを塗っているにも関わらず日焼けして親子揃って真っ黒です。

 

そんな私がした言い訳ですが、学生時代にしたものです。かなり前のことですが、我ながら上手い言い訳だったと思っています。

修学旅行中に怒られないようにとっさに出た上手い言い訳

私が中学3年生の時、待ちに待った修学旅行に行きました。旅行自体はとても楽しかったのですがその時ちょうど山Pが主演のドラマがっても流行っていました。

 

その放送日と修学旅行の2日目が被っていました。さらにわたしたちの部屋のテレビはなぜか映らず、隣の部屋の同じクラスの子たちのテレビでは映ることが後々判明しました。

 

しかし、テレビを見ることは禁止されており、見たい人は夜こっそりと隣の部屋にいって見ることになりました。

 

そしてその夜、じゃんけんで負けた人が隣の部屋に行き、先生がいないか確認することになりました。結果、わたしが負けてしまい隣の部屋に行くことに。

 

廊下を見渡し、先生がいないことを確認すると全速力で隣の部屋まで走りドアを勢いよく開けました。

 

すると運が悪いことに見回りをしていた先生がテレビの音がすることを不審に思い、ちょうどテレビを消すよう促すために部屋に入っていたところでした。

 

しっかり鉢合わせてしまい、先生にはなにしてるの!と言ってきました。しかし、私はとっさに言い訳をしました。

 

私は「コンタクトの洗浄液を忘れてしまったことに気づき、同じ部屋の子たちに聞いたものの誰も持っていなくて、消灯時間を過ぎていたのはわかっていましたが隣の部屋のみんなに聞きにきました、すみません。」と言いました。

 

本当に困ってますと言わんばかりの演技力で先生に訴えました。自分でもちょっとさすがに無理があるかなと思いましたがもうここまできたらどうにでもなれーと思いました。

上手い言い訳をした結果怒られなかった

このわたしからしたらただの苦し紛れの嘘が、コンタクト常用者の先生からすると相当困った状況に見えたらしく、「あ、そうだったの?それは困ったよね。」

 

「そしたら今からわたしの部屋おいで。コンタクトの洗浄液持ってるから取りに行こ。明日も必要だろうから夜また先生の部屋おいで。」と言われました。

 

その後、先生の部屋に一緒に行くことになりました。もちろん自分で洗浄液は持ってきてましたがここまできたらもう忘れたことにしようと決心しました。

 

隣の部屋にテレビを見に来たと思われて怒られるのは嫌だったので先生に借りることにしました。結局、先生の部屋まで行って洗浄液を借りて自分の部屋に帰りました。

 

全く怒られることなく、むしろものすごい心配されましたが大丈夫です、ありがとうございました。と謝り、この嘘がバレる前に早く戻らなきゃと内心ヒヤヒヤしながら先生の部屋を後にしました。

 

急いで部屋に戻ると、同じ部屋の友だちは半泣きで待っていました。じゃんけんで負けたとはいえ自分たちの身代わりに怒られに1人だけ連れて行かれてしまった罪悪感でいっぱいだったそうです。

 

しかし、戻ってきたわたしはなぜかコンタクトの洗浄液を持ってケロッとした顔で戻ってきたので?マークがいっぱいの顔で出迎えてくれました。

 

なぜこうなったのか説明すると友だちたちは大笑い。なぜコンタクトの洗浄液がとっさに出たのか、そして怒られてないという事実の安堵感からかみんな笑いが止まらない状況になってしまいました。

 

ただ、その私たちの騒ぎっぷりが相当うるさかったようで、別の先生に注意され怒られてしまったというオチがついてきました(笑)

上手い言い訳のためのアドバイス

この言い訳が上手かったのかはわかりませんが、本気度、必死度を十分に醸し出したらもしかしたらうまくいくのかもしれません。

 

このままではわたしはもちろん部屋のみんなも一緒に怒られる、そしてそれはわたしがタイミング悪く部屋に入ったからだ。

 

なんとかしなきゃという焦りから出た言い訳だったのでシナリオを考えた言い訳だとここまでうまくいかなかったと思います。

 

必死さは時に人を騙せるんだなと学んだので皆様も必死さを出してみたらいいのではないでしょうか。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です